私の名前(紫)の由来・・・・・

誠に勝手ながら、所用のため下記の通り臨時休館させて頂きます。
よろしくお願い申し上げます。
                    記
    平成21年3月8日(日)〜3月9日(月)

ご来館下さいましたお客様に、私の名刺を差し上げますと、これで「ゆかり」と読むのですかと、そして、よく私の名前の由来を聞かれます。

語源はむらさきの ひともと故に 武蔵野の 草はみながら あわれとぞ見るからです。              (古今和歌集の詠み人しらずの歌)

むらさきそうが一本(ひともと)咲いていると言う(縁)だけで武蔵野の草花が、皆愛らしく(身近に)感じてしまう。「縁」のあるもの、「ゆかり」のあるものとしてむらさき草が詠われているところから、「ゆかり(縁)の色」は「紫色」というようになったと、書かれております。紫草は武蔵野(東京都西部)を象徴する色、植物です。
紫草.jpg
紫が好きな父が、私に「気品」と「知性」にあふれた、素晴らしい女性になって欲しいとの思いでつけてくれました。
知人二人から子供に、「紫」とつけたいと言われ、私の名前の由来を父から教えてもらいました。
今では、さほど珍しくはありませんが、私が若い頃には読める方はいらっしゃいませんでした。
中学の卒業式の時、「竹中 むらさきさん」と先生から呼ばれました。
えっ!先生もと思いましたが、今になってみますとお勉強も出来なかったし担任の先生ではありませんでしたので、仕方ないかなんて思います。
この名前をつけてくれました父、私のことを本当はどう思っていてくれたでしょうか?
地域生活ブログ村←クリック応援をお願いいたします。
日記 | コメント (2) | -

コメント

kako | 2009/03/04 08:27 PM
驚きです! あのゆかり草に因んだ「紫」だったとは・・・命名の由来を始めて聞き、驚きです!!
ゆかり草の花は白でとてもちいさくて地味な花です。
<そんな地味な花の根っこから、あのような紫で鮮やかな美しい色が採れるなんて信じられないという驚き、又、ゆかり草が一輪咲いているがために、武蔵野の他の花がいとおしく見える> 父上様がこの歌の注釈を総て感じられての命名だとすると大変なことですよね。
白い花と紫の根・大切な縁(えにし)で結ばれているので「紫・ゆかり」と名づけられたのですね。
「気品」と「知性」=紫(むらさき)と白。

素晴らしいご両親の子として、この世に誕生した事に感謝し、誇りをもって益々素晴らしい女性になっていって下さる事を祈っています。

竹中英太郎画伯(亡き父上様)のことが、一層好きになりました。
長いお付き合いですが、始めて「命名・紫」の由来をシッカリと伺い、驚きと嬉しさでいっぱいでした。
改めて、ありがとうございました。
館長・紫 | 2009/03/04 08:57 PM
kako様、こんばんわ!
名前の由来お話した事がなかったでしょうか?
もう知っていらっしゃるとばかり思っておりました。

「紫」という名前、私は大好きです。
素敵な名前をつけてもらい、私はとても幸せ、両親に心から感謝しております。

父の期待を裏切らない事。

いつか、父に出会えた時、「名付けた甲斐があったよ」と言ってもらえる様な、素敵な女性になれるよう、努力していきたいと思います。