短歌を愛される方がた・・・・・

2月13日、厄除け地蔵尊祭りのお帰りにお出で下さいました方が、お約束通りお友達をお連れ下さいました。
短歌を詠まれていらっしゃる、短歌結社・甲府なぎの会のメンバーの方々でした。甲府なぎの会は、「心の花」←(クリックしてご覧下さい)の山梨支部としてご活躍されていらっしゃいます。
甲府なぎの会の皆様・H21.2.23.JPG
今回、ながらみ書房←クリックしてご覧下さい(短歌中心の歌集、歌書を出版)の及川隆彦社長様が記念館をご覧になられたいとの事で、山梨での歌会の際、ご来館下さる事になりました。
4月12日(日)15名様でご予約を頂きました。皆様にお目にかかれますことを、楽しみにお待ちしたいと思います。

***短歌に興味のおありの方へ甲府なぎの会からのご案内***
会員を募集中です。ぜひ短歌をとお思いの方はご入会をお願い致します。


詳細につきましては、下記までご連絡を差し上げて下さい。
        電 話 055−252−9924
        代 表 桐谷さん。
老若男女は問いませんとおっしゃっておられましたが、男性の方のご入会は、おおいに歓迎ではないかと勝手に書かせて頂きました。(^^♪
地域生活ブログ村←クリック応援をお願いいたします。
日記 | コメント (2) | -

コメント

kako | 2009/02/24 04:38 PM
ウワオ〜〜、15名の御一行様は素晴らしい!
「桜吹雪」の頃でしょうか?
甲府在住でしたら、是非入会させていただきたいところです。
記念館から望む「春の香」と題して是非一句頂きたいですね!!
「竹中英太郎記念館」の「輪」が広がって行く波紋が楽しみです。
館長・紫 | 2009/02/24 07:14 PM
kako様、こんばんわ!
4月12日ごろは、例年ですと桜が満開の頃、我が家の桜が皆様をお迎え出来ればと思います。

父は、詠みました短歌を色紙に書き、作品となって記念館にも数点展示してあります。

ご来館下さいます「甲府なぎの会」の皆様の短歌、楽しみにさせて頂きたいと思います。

昨日、ご予約下さいました方も、記念館の存在をご存知なく、「もっと宣伝しないともったいないですね。」とおっしゃって下さいました。
輪が広がっていくことを願っております。