信じられない事が・・・

午前中、昨晩湯村温泉にご宿泊されました調布市の男性が、湯村温泉のチラシをご覧になられてご来館下さいました。お風呂が大好きですとおっしゃってました。湯村温泉には数回おいでになられてるそうです。
閉館後、作品展に行く予定でしたが、急きょ1時半から受付する事になり、記念館を主宰にお願いして会場に参りました。
山梨市のk様とご友人の方とはすれ違いになってしまいましたがお出でくださいました。ありがとう御座いました。
Y様、tokiwin様もお出で下さいました。お二人には搬出のお手伝いまでして頂き本当に申し訳なく思います。つい甘えてしまい反省を致しました。
太陽を浴びて&夢見る頃.JPGこの作品展で、とても信じられないような事が御座いました。写真右
私の作品「夢見る頃」の購入希望があったとお聞きしとても嬉しく思いました。もちろん作品を販売するような事は致しませんが、本当に夢のようなお話に、家に戻り両親に報告致しました。「かー(父は私の事をこう呼んでおりました。)すごいぞ、褒めてあげるよ」そんな父のやさしい声が聞こえてきそうな気が致します。

搬出後、今日入院致しました義姉の病院にまいり1時間位お話をしてまいりました。明るくふるまっておりましたが、きっと7日の手術まで不安と眠れない夜が続く事でしょう。何とか乗り切って欲しいと思います。
日記 | コメント (2) | -

コメント

kako | 2008/06/30 11:31 PM
「それって 凄くない!!!」 万歳、万歳・・・・  やったね。
 
作品が完成した時に拝見し、思わず「カーそのものが描き込まれているみたい」と“ドキッ”としたことを覚えております。
やはり共感して下さる方がいらっしゃったことを嬉しく思います。
因みに私は勝手に「少女像」等とつまらない題を付けておりました。 スミマセン

何事もそうですが、「心」が入っているものは、必ず人々に感動を与えます。
これからも、「カー(館長)の描く絵の世界」を作っていって頂きたいと願っております。
Y様、tokiwin様、お手伝い頂き有難うございました。私からも御礼申し上げます。
館長・紫 | 2008/07/01 10:22 PM
KaKo様、こんばんわ!
先日は、若林中尉の件でご無理なお願いをしました。なんとかほんの少しでも手がかりがあればとおもいます。帰甲の折りにはぜひお力添えをお願いいたします。