生誕百年記念出版「夢を吐く絵師 竹中英太郎」

鈴木義昭(弦書房)2006年11月 246頁

夢を吐く絵師 竹中英太郎
序 夢を吐く
第1章 怪奇絵師誕生
この世ならざるものへ
第2章 語られなかった「画家時代」
第3章 石川五右衛門と猿飛佐助
絵心の源泉
第4章 「主義者」の群れ
熊本の青春
第5章 地底の声
この世の果て
第6章 モボ・モガの時代
アナかボルか!?
第7章 江戸川乱歩と英太郎
「陰獣」から「陰獣」へ
第8章 横溝正史と英太郎
極致としての「鬼火」
第9章 夢野久作と英太郎
「私」という迷宮
第10章 「五族協和」の夢
国家社会主義の幻想
第11章 見よ闇に憂さは晴れたり山の月
第12章 戦後の英太郎
地方紙記者と労働運動
第13章 喰い破られた伝説
色彩の発見
第14章 「戒厳令の夜」
父と子の絆
第15章 「死」からの始まり
年譜、あとがき
価格・2,376円(税込み)
クリックすると画像が切り替わります・・・カバー表紙--表紙--カバー裏表紙(ほぼ原寸)