「途をいずれに 生誕百年竹中英太郎」

2006年12月号「彷書月刊」(彷徨舎)

彷書月刊

特集 「途をいずれに 生誕百年竹中英太郎」(発行所・彷徨舎-96頁)

○ 五木寛之-パブロ・ロペスとしての竹中英太郎
○ [対談]百怪を眺めゆく-宇野亜喜良&喜国雅彦
○ 鈴木義昭-竹中英太郎の虚と実~『夢を吐く絵師・竹中英太郎』を書き終えて
○ 小松史生子-乱歩、正史、久作~三人の作家と英太郎の想世界
○ 西原和海-竹中英太郎の満洲体験~城島舟礼との関わりについて
○ グレゴリ青山-ブンブン堂のグレちゃん[特別篇](41) 招く道化師
○ 金子 紫-「パパへの注文」、と。
○ 藤堂和子-労さんとお父さんと私
○ 堀江あき子-英太郎と『新青年』の挿絵画家
○ 富山由紀子-二つの百年記念展 弥生美術館&竹中英太郎記念館を訪ねて
○ 竹中英太郎略年譜-年譜作成・鈴木義昭
五木寛之-パブロ・ロペスとしての竹中英太郎
 戒厳令の夜・上下/五木寛之(新潮社)